青い海の伝説

韓国ドラマ好きのお友達にススメてもらったドラマです。


あらすじ

1598年、激しい嵐で海岸に打ち上げられてしまった美しい人魚セファ(チョン・ジヒョン)は、

近隣の村民に見つかり、この地の権力者で商人のヤンに捕まってしまう。

ヤンは新しく赴任してきた県令のキム・タムリョン(イ・ミンホ)に取り入るため捕らえた人魚を見せるが、

人魚を哀れに思ったタムリョンは、ヤンが行ってきた様々な不正行為を見逃してあげる代わりに

人魚を自由にするよう命じ、人魚の命を救う。

時は流れ、現代のソウル。タムリョンはホ・ジュンジェ(イ・ミンホ)という稀代の詐欺師に生まれ変わり、

詐欺仲間のナムドゥとテオと共に世界をまたにかけて詐欺を働いていた。

そんなある日、スペインに滞在していたジュンジェは、ホテルの部屋で見知らぬ女性を発見。

それは、初めて陸に上がってきた人魚(チョン・ジヒョン)だった。

ジュンジェは彼女を不審者と思い警察に引き渡すが、彼女が付けていた翡翠のブレスレットが

高額の骨とう品であることに気づき、警察署から彼女を救い出す。

狙いの翡翠のブレスレットを手に入れるも、言葉も話せず、すぐ他人を信じてしまう純粋で

無防備な彼女を放っておくことができず、一日だけ自分の宿に彼女を泊めることにした。

しかし、ジュンジェにお金を奪われた韓国の権力者がスペインに送り込んだ男たちに追いかけられ、

二人は一緒に逃げ回る羽目に。

そんな中、映画やドラマで人間の言葉を覚え会話ができるようになった彼女に

ジュンジェは“シムチョン”と名前を付けてあげる。

そして固く閉ざしたはずのジュンジェの心が、シムチョンによって少しずつ開き始め・・・。

設定が人魚と人間やったからどうかな?って思ったけど全然そんなことなくて、めちゃくちゃハマりました(笑)

前世の縁が現代につながっていって、同じことが繰り返されるのかドキドキのサスペンスもあり、

え!?この人裏切るん!?ってハラハラしたり。

シムチョンの純粋なまっすぐなキレイな心もよかったな。初めての人間界で友達ができるなんてすごいっ!

人魚のパワーにびっくりしたことご紹介・・・

・涙が真珠になる!うれし涙はピンク色(笑)

・人間の記憶を消せる!

・力がすごいし、ケガしてもすぐ治る!

とりあえずジュンジェもシムチョンもキレイすぎや~♡

楽しんで見れたドラマでした♪